HOME > 公演情報2016 > 山下残











zan_akuryoh05-1.jpg



zan_akuryoh05-2.jpg





アトリエ劇研
アソシエイトアーティスト


山下残

山下残 振付・演出作品
悪霊への道


バリ島を訪れ伝統舞踊のリサーチを始めた山下残は、観光客として歓待を受けるより、コンテンポラリー・ダンサー=「伝統を侵しにきた現代の悪霊」であることを選択し、そうすることでコミュニテイの論理に自身の場所を見出す。そのプロセスをめぐる師弟の対話とパフォーマンス。



作・演出|山下残
出演  |山下残 かるら~Karula~

日程

2017 年2月3日(金)〜2月5日(日)

2月3日(金)19:30
2月4日(土)15:00/19:30※
2月5日(日)15:00


※アフタートーク:ゲスト 佐久間新(舞踊家)


料金 


前売:2000円
当日:2500円

シニア割引:60歳以上の方は前売・当日各200円引き、要証明書

チケット


チケット窓口:山下残
お問い合わせ:Mail akuryou2017(at)gmail.com



支援会員様のご予約はこちら

なじみのないバリ島にひとり放り込まれて、まずはバリダンスを習いに行くも、完全に観光客として扱われ2時間のレッスンで表彰されてしまう。伝統芸能が生活を支える観光資源であり、伝統文化が植民地時代の支配を和らげる武器ともなったバリ島において、私は観光客ではなくコンテンポラリーダンサーですと自己紹介してしまえば最後、伝統を侵しにきた現代の悪霊と見なされ呪いをかけられる。
リアルに災難が降りかかる日々。カーブを曲がる度にお化けが見えるとクラクションを鳴らす深夜のタクシードライバーの話によると、バリ島では良い霊も悪い霊も等しく供物を捧げて祀る、そうやって世界のバランスを保つのだと。
それを聞いて道が開けた、この島で自分の存在を、認めてもらうには悪霊になるしかない。