現在募集中の特別クラス *終了しました

劇研アクターズラボ 特別クラス
世界一流の演劇トレーナーとの出会い。
テルアビブ大学芸術学部で教鞭をとる、ルティ・カネル氏による演技ワークショップ。
俳優向けと一般向け(初心者受講可能)を開催!


RuthKanner.JPG
講師:ルティ・カネル(Ruth Kanner・イスラエル)
テルアビブ大学(イスラエル)舞台芸術学部演技科教授。
1955年、イスラエル生まれ。
テルアビブ大学、ニューヨーク大学、NYのHBスタジオで演技と演出を学ぶ。
アイスキュロスなどの古典や、イングマル・ベルイマンなどの現代作品を多数演出。
1999年にモシェ・イズラエリの小説「野ねずみエイモス」を脚色・演出し、イスラエル・アッコ演劇祭の最優秀演出賞を受賞。2002年9月シアターXの招聘公演『野ねずみエイモス』で初来日。 2005年にはシアターXプロデュースでブレヒト作 『母アンナ・フィアリングとその子供たち』 (吉田日出子主演)を演出。 2007年再演(大浦みずき主演)。同年、ギリシア劇『エウメニデス』、2010年多和田葉子描き下ろし 『さくら の その にっぽん』2012年『さくらの その 2011』、2015年ヴィトカッツイ『母』を演出。

俳優向けワークショップ *英語による講座 日本語通訳あり

日本の伝統的な物語を、それの有する演劇的ポテンシャルを生かして演じることによって探求するストーリーテリングのワークショップ。(内容は変更することがあります)

対象:3年以上かつ6公演以上の舞台経験がある満18歳以上の方で、今後も俳優など専門家として活動を続ける意志のある方。
応募者多数の場合は、書類選考を行います。

日時
9月5日(水)、6日(木)、7日(金) 10時〜17時 *1時間昼食休憩 
場:左京東部いきいき市民活動センター集会室(京都市左京区鹿ヶ谷高岸町3-2)
受講料:3日間通し9000円

お申し込み方法
e-mailもしくは郵送にて下記の情報をお送りください。
■氏名(ふりがな)*芸名がある場合はそちらもお書き下さい。
■生年月日
■連絡のつく電話番号
■応募動機(800文字程度)
■エッセイ1000字程度 テーマ『演劇の可能性』

応募先
特定非営利活動法人劇研 ルティ・カネルワークショップ係
郵送:〒606−8235 京都市左京区田中西春菜町7−2 在り5号室
e-mail:labo@gekken.net *件名を「ルティ・カネルワークショップ応募」としてください。
(送っていただいた資料につきましては、返却できませんのでご了承下さい)。メール送信の場合、2日経っても受信の連絡がない場合は、お手数ですがお問い合わせ先(電話番号)までご確認下さい。

応募締め切り
8月25日(土) 24:00
募集期間を延長します!9月2日(日)24:00まで
*受講可否につきましては、9月3日(月)までに応募者全員に連絡します。

一般向けワークショップ *英語による講座 日本語通訳あり

演技や演劇の楽しさを体感できる、演技ワークショップ。(両回とも内容は同じ)
対象:18歳以上で、身体を使ったワークを行える心身ともに健康な方。(経験不問/選考なし)

日時
2018年9月8日(土)
第一回:10時30分〜12時30分
第二回:13時30分〜15時30分
会場:左京東部いきいき市民活動センター集会室(京都市左京区鹿ヶ谷高岸町3-2)
定員:各回10名
募集:7月19日(木)参加者公募開始/定員に達するまで募集
受講料:2000円 *両回共の受講はできません。/当日受付にて清算
持ち物:動ける服装、水分、(必要な方は)上履き


お申込み方法
以下の内容をメールもしくはお電話でお知らせください。メール送信の場合、2日経っても受信の連絡がない場合は、お手数ですがお問い合わせ先(電話番号)までご確認下さい。
*定員に空きがある場合は予約なしでの参加も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
*キャンセルの場合は必ずご連絡ください。

■ 氏名(よみがな)*芸名がある場合はそちらもお書き下さい
■ 年齢
■連絡先電話番号(連絡が付きやすい番号をお書き下さい)
■参加希望日


問い合わせ
特定非営利活動法人劇研
電話:080-1485-6805(事業担当)
e-mail:labo@gekken.net

主催:特定非営利活動法人劇研 
京都府文化力チャレンジ補助事業

過去のクラスの様子はこちらから→ blog

過去に特別クラスの講師をして頂いた先生方(一部)

講師:ディディエ・ガラス(フランス)
フランス国立演劇高等学校に1985年に入学、クロード・レジやベルナルド・ダール、マリオ・ゴンザレスのもとで訓練を積む。
1998年には京都にある「ヴィラ九条山」のレジデンス(フランス芸術実践協会の支援)を得て、金剛流能楽師・宇高通成氏の元で能楽の修行を積む。狂言、京劇(中国)とのコラボレーション作品(作・演出・出演)『モンキービジネス』が2000年アヴィニション国際演劇祭で初演を迎え、ポルトガルのアルマダフェスティバルでは大賞に輝く。
2010年のアヴィニオン演劇祭では、製作Christophe Feutrierによるイヨネスコの『二人で狂う』にValérie Drevilleと共演。2010年1月からはブルターニュ国立劇場(レンヌ)のアソシエートアーティストを務めた。

2014年7月ディディエ・ガラス来日公演『アルルカン、天狗に出会う』
2014年、2016年:ディディエ・ガラス演出作品『ことばのはじまり』

トーマス・リーブハート(コーポリアルマイム/アメリカ)
田中史明(ラバン身体動作表現理論を活用した演技訓練/イギリス)
池内美奈子(新国立劇場俳優研修所/東京)
宇高竜成(能楽/金剛流能楽師/京都)

特別クラス

多様な舞台表現やテクニックを体験するための講座です。地元の先生だけでなく、海外や東京など遠くからもお越し頂き、貴重なワークショップの場を提供します。

古典芸能やマイムなど、独特の舞台表現やなかなか受講できない演技トレーナーのワークショップをできるだけ廉価で提供します。