わたしの昭和思い出マップ展 終了しました。

DSCF4699.JPG

10月24日(土)より、『わたしの思い出マップ展〜錦林・醍醐編〜』が開催されました。
 
「場所」をテーマにして、今年の6月ごろから、錦林・醍醐地域にお住いのシニア世代の方に、地域の思い出話をお聞きしておりました。
 
そのお話を、思い出の場所と語ってくれた方の写真とともに展示しようというのが、今回の企画です。
 
公の歴史ではなく、地域に根ざした個人的な思い出をまとめることで、次の世代に生きた歴史を伝え、地域の方々に共感・親しみをもってもらえることを目指しました。
 
今回の展示会企画はまず、広げた地図をみんなで囲んで、場所にまつわる質問に答えていくことで思い出話を喋り合う茶話会から始まりました。
 
質問は以下の8つ。
 
①子供の頃、よく遊んだ場所はどこですか?
②駄菓子屋、散髪屋、お風呂屋さんなど、よく行った店があれば教えてください。
③市電や市バスの思い出はありますか?
④鴨川や疎水にまつわる思い出はありますか?
⑤大文字などの伝統事業、地域の行事やお祭りの思い出はありますか?
⑥戦争の記憶にまつわる場所はありますか?
⑦心に残る風景はありますか?
⑧自慢したい、おすすめの場所はありますか?
 
展示しきれないほどの沢山の魅力的なお話を聞けました。
 
その中から展示会参加に協力していただけることになった11名(63歳〜84歳)の方と、その思い出の場所に実際に赴き、さらに詳しい話と写真撮影をしました。
 
11月15日(日)をもって、展示会は終了しました。
センターの門を入ってすぐの、エントランスに展示された写真と思い出話を、センターに来館された沢山の方に見ていただくことができました。

特に、初日10月24日に開催された、おさんぽコレクションに参加された方々には、長い道のりを歩いてきたにも関わらず、とても楽しそうに写真をご覧いただけました。
 
展示会を見た方に、錦林・醍醐地域の魅力が少しでも伝わっていれば幸いです。
 
12月3日(木)〜24日(木)には,共催の醍醐いきいき市民活動センターでも、この展示を行う予定です。
 
展示しているお話と写真をまとめたマップ冊子も配布していますので、見逃した方はぜひ醍醐いきセンさんにお立ち寄りください。
 
展示は終了となりましたが、希望する方がいらっしゃれば、当センターでもしばらくはマップ冊子を配布いたします。
 
どうぞお気軽にスタッフにお声がけください。